ローラブルタッチスクリーン関連の特許出願が急増

ローラブルタッチスクリーン関連の特許出願が急増




普段はスマートフォンの画面を巻き物のように巻いて持ち歩き、必要時には広い画面として広げて使用できる日が近いうちにおとずれる。ローラブルタッチスクリーンは、巻取り可能な形態のタッチスクリーンで、携帯しやすく大画面で楽しめるため、スマートフォン、テレビ、ウェアアラブル機器、ノートパソコン、ゲーム機など、適用範囲が拡大するものと見込まれる。



特許庁によると、ローラブルタッチスクリーンに関する特許出願が直近8年間(2012~2019年)で合計153件出願されている。2012年の3件を皮切りに、2013年は6件、2014年は3件と微々たるものであったが、2015年の15件を契機に増加し続け、2018年には29件が出願され、2019年には55件と急増したことが明らかになった。



<年度別にみたローラブルタッチスクリーン特許出願動向>

* 技術分類: G06F3(コンピュータ入力手段)、キーワード: ローラブルタッチスクリーンなど


詳細な技術分野別の特許出願動向(2012~2019年)をみると、タッチ電極、センシング方法および構造などタッチ感知センサーに関する出願が58件(38%)と、最も多かった。次いで、タッチデータのノイズ除去、補正などタッチデータ処理に関する出願が39件(25%)、インターフェースに対する出願が26件(17%)、ハウジングに関する出願が15件(10%)、タッチ層保護に関する出願が9件(6%)、タッチパネル素材に関連した出願が6件(4%)となっている。



<詳細な技術分野別にみた特許出願動向>


特許出願分布を出願人別にみると、大企業(76%)、中小企業(12%)、大学・研究機関(4.5%)、個人(4.5%)、外国企業(3%)の順で、大企業が特許出願をリードしていることが分かった。



<出願人別にみたローラブルタッチスクリーンの特許出願分布>


今後のローラーブルスマートフォン発売を見据えて、サムスン電子、LG電子などの大企業がローラブルタッチスクリーン技術の研究開発に力を注いだ結果、特許出願が増加したものとみられる。



多出願人では、サムスンディスプレイが38件、LG電子が37件、サムスン電子が20件、LGディスプレイが17件、AHA INCと住友がそれぞれ4件、東友ファインケムが3件、LGイノテック、韓国科学技術院および嶺南大学がそれぞれ2件の順であった。



<多出願人別にみたローラブルタッチスクリーンの特許出願分布>

* その他の出願人: 24件


特許庁コンピューター審査課長は「新型コロナウイルス感染症の影響で経済的に厳しい状況においても、技術革新と研究開発を通じて、ローラブルタッチスクリーンの新たな市場を先取りし、関連分野の知的財産権を確保することにより、技術に対する主導権をより堅固たるものにすべき重要な時期であると考えられる」と述べた。




[出所: 特許庁]



#ローラブルタッチスクリーン #ローラブル #タッチスクリーン #特許出願 #特許 #出願 #スマートフォン画面 #タッチスクリーン #特許庁

COPYRIGHT(c) 2009 MOON & MOON INTERNATIONAL. ALL RIGHTS RESERVED.

  • kakao
  • 페이스 북 사회 아이콘