COPYRIGHT(c) 2009 MOON & MOON INTERNATIONAL. ALL RIGHTS RESERVED.

  • Grey Facebook Icon

第4次産業革命関連デザインを対象に優先審査を実施

 

 

第4次産業革命関連デザインを対象に優先審査を実施


- 改正デザイン保護法施行令2018年1月2日より施行-

 

 

韓国特許庁(庁長ソン,ユンモ氏)は人工知能(AI)や事物インターネットなど、4次産業革命に関連した技術を活用したデザインの登録出願について、優先審査*を実施し、権利を早期に付与することで企業の競争力を高めることができるようデザイン保護法施行令を改正し2018年1月2日から施行することを明らかにした。
* デザイン保護法施行令第6条に規定されているデザイン登録出願については、他のデザイン登録出願より優先して審査

 

 

これまで韓国特許庁は、政府の施策や産業界の環境変化に合わせて優先審査の対象を持続的に拡大しており、現在、15種類*の項目が優先審査の対象に規定されている。今回のデザイン保護法施行令の改正も4次産業革命の本格化に伴い、関連分野のデザイン登録出願について速やかな審査サービスを提供し、企業の競争力を高めることができるよう改正を実施した。
* デザイン保護法施行令第6条(参考1)

 

 

一般的に、デザイン審査期間は、出願後5ヶ月以上かかるが、優先審査を実施することになると、2カ月以内にデザイン登録可否決定書を受け取ることができようになる。したがって、企業などの出願人は、デザイン権を早期に確保して製品生産及び販売を速やかに進行させることで、企業の競争力を高めることができるようになる。

 

 

今回のデザイン保護法施行令の改正により、優先審査を受けようとする企業などの出願人は、優先審査申請書とともに4次産業革命関連技術を活用したデザインであることを証明する書類または説明書を添付して提出ようになる。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload